zatu

雑物語とは・・・
パチンコ、パチスロについて管理人が雑に語るだけの企画。(ネタ切れというのは内緒)
管理人の考えですので正解かどうかは分かりません。
ご質問やご意見等はコメント欄にどうぞ。

勝ちたきゃ設定を狙うな


朝から打つ場合、


・設定狙い
・宵越し天井狙い
・リセット狙い
・趣味打ち


分けるとこんなところだろうか


この中で管理人がオススメしない打ち方が「設定狙い」である


設定狙いは置いといて他の3つから考えてみよう


まず、「宵越し天井狙い」と「リセット狙い」
これらは、計算された期待値を追う打ち方であり、言うことなし


次に「趣味打ち」
これに関しては、負け前提で打つ人が多いと思われる
負けること仕方なしといった感じで好きにすればいいと思う


では本題の「設定狙い」について

なぜオススメしないのか


設定6と思って打ったその台は本当に6なのかということ


普段打っていると9割方設定1を打っていることだろう


そうした場合、設定2や3でも高設定に見えてしまうのである


そして高設定を打つことに慣れていないから判別まで時間が掛かる


気付いた頃には大負け


「設定狙い」はこのパターンに陥りやすいように感じる


知識が十分にある場合は例外であるが、多くの人はこの罠にかかっている


だから私は、勝ちに行くなら「宵越し天井狙い」と「リセット狙い」をおすすめする


それ以外は、負け覚悟の「趣味打ち」


高設定は狙いに行くものではなく「趣味打ち」についてくるものと考えることがいいのではないだろうか


高設定はそう簡単に掴めない

ホールの癖や傾向を十分に調べる必要があって、それを出来ない人がホールのことを調べている人と同じよう
に打とうとすること自体が不可能ってこと