usokui


この記事ではハイエナについてまとめます。間違いが多いことはご了承ください。
基本的には初心者に向けての記事ですので易しい内容にしています。
詳しいことは他ブログ様がまとめていると思いますので、そちらをご参照ください。

まず、パチスロの勝ち方をお教えしましょう。
このグラフをご覧ください。

無題777

台データ見るとだいたいこんな感じですね。
黒が投入、赤が払出になっていますが、注目は赤く色の付いた部分。ここを打てば必ず勝てます。
赤だけを打つのは不可能ですが、これに近づけるのがハイエナです。

ハイエナによって黒を少なく打ち、赤を長く打つことが可能です。

ハイエナの立ち回りは「天井狙い」「ゾーン狙い」「リセット狙い」になると思います。
中でも「天井狙い」が基本となり、強力です。

例を挙げましょう。

機種 アナザーゴットハーデス 
純増 2.9枚
天井 1570G+前兆
恩恵 プレミアムオブハーデス(平均300G)

この機種が、1200Gで落ちていたとしましょう。
天井まで約400G。1000円で30G回るとして14000円以内に当たることになります。
簡単に言えば、天井400Gのハーデスを打てるということ。

毎回勝てるという保証はありませんが、天井が400Gのハーデスを打ち続けて負けると思いますか?
打ち続ければはぼ負けません。
この考え方(ほんとはもう少し複雑)で掘り下げていったものが天井の狙い目ボーダーになるわけです。

1度や2度では負けることもありますが、100回、200回と続けることで収支は綺麗な右上がりになると思います。

ただし、このハイエナには様々な我慢が必要です。
まず、ホールにいるのにパチスロを打たない時間が長い。
目当ての台が空くのを待つ時間、探す時間が圧倒的に多くなります。
次に、負けが続いたとき。
始めたころにこれを食らうとハイエナを辞めたくなります。
マイナス10万円ぐらいは覚悟しましょう。※あまりにも負けすぎたら立ち回りを見直すこと。
これらができない人はやめておいたほうがいいと思います。

ハイエナは良いところばかりピックアップされますが、良いことばかりではありません。
下手な立ち回りをすると有名人になります。悪い意味で。
パチスロが作業的になり楽しくなくなる人もいるでしょう。
こういう面もあるということを頭に入れて興味のある方は試してみてください。

ここからは愚痴ですw
一応重要なことなので目を通してください。

最近ハイエナを推奨するブログ、サイトが増えており真似する人が多く見られます。
ハイエナは立派な立ち回りです。私もおススメします。
しかしホールにはマナーも何もない人が多すぎます。

私のよく行くホールにいる客の例を挙げると、
・張り付き
・掛け持ち
・通路塞ぎ
などなど

これらは、ハイエナという立ち回りをしていても、ハイエナではなくホール荒らしですよ。
おかげで1年前までは優良店だったのに今では客の5~10%がハイエナorハイエナ気取り。異常です。
そりゃあ設定も入りませんよ。

何が言いたいかというと、

マナーは守ろう!
ライバルの多い店では勝てない


この2点は頭に置いておいてください。よろしくお願いします。